記事一覧

稲刈りピーク

山形ではいよいよ収穫シーズン。
稲刈りのピークを迎えています。

とくに、兼業農家さんでは先週末の26日~27日に
稲刈りを行っていた方が多かったようです。

ファイル 162-1.jpg

今回、稲刈り作業風景撮影に協力していただいたのは、
山形市の菊地さんです。
大きなコンバインを使って、効率よく作業をしています。

ファイル 162-2.jpg

この広い田んぼ、一反あたりおよそ3時間程度で
作業が終わるそうです。
すごいですよね!

コンバインで刈った稲は、コンバインの中で、自動的に
脱穀作業までやっちゃうんです。
刈った稲から脱穀された籾(もみ)だけが機械の中に残り、
穂の部分はコンバインの後部からその都度排出されます。

で、コンバイン内に溜まった籾をトラックに移す作業も全自動。

ファイル 162-3.jpg

ファイル 162-4.jpg

手作業でやってた頃に比べると、ずいぶんと楽チンになった
ものですが、その分、一人あたりでやる田んぼの面積も
広くなっているので、結局2~3日かかるのが普通みたいです。

ちなみに菊地さん農家では、3反もの田んぼを作っているとの
ことでした。この日は爽やかな秋晴れでしたが、
ちょっと秋にしては気温が高くて、写真撮ってるだけでも
暑く感じる一日でした。

そんなわけで、いよいよ新米の季節も近付いてきました。
当店からは、10月より新米にて出荷予定です!